大人っぽく見えるTシャツの選び方を紹介します

Tシャツを着ると若すぎて見えてしまい、年齢に相応しくないスタイルが出来てしまうという悩み、
意外に多いんです。こうした年齢にそぐわないスタイルになってしまうのは出来るだけ避けたいですよね。
そこで今回は大人っぽく見えるTシャツの選び方を紹介します。

大人っぽく見えるTシャツの選び方として、まずはカラーリングから考えていきましょう、
Tシャツの色合いはその人の年齢、そして時には性別的な魅力にも影響していきます。
今回の場合は大人っぽさという点から考えていきますが
ここで注意したいのは、野暮ったさや地味さは大人っぽさに繋がらないということ。
確かに大人の魅力や上品さを取り入れるために、シックな色合いを取り入れたりします。
しかし、それはあくまでも気品や落ち着きという方向性のためによるものなので、大人っぽく見えるからといって
安易に暗めの色合いを選んでしまうのはいけません。

今回の場合のカラーリングの選び方としては自身の年齢に加えて深さや上品さを付加できるような、色合いをチョイスすると良いでしょう。
例えばキュート系ならば赤、橙など暖色寄りに、クール系ならば青、紫など寒色寄りにそれぞれしてみると
大人びて見えるようになります。
そしてコーデ全体を暖色寄りにまとめあげることで暗くもなく、なおかつキュートさを維持したまま深みや明るさを出せますし
寒色寄りであればクール系のキリッとした方向性を失わず大人の知性や品格を演出出来るようになります。
こうしたTシャツのみならずコーデに対する統一感こそが大人っぽく見える要素の1つといえます。

また近年ではユニセックス文化が発達して男女兼用のアイテムが増えたことで、メンズのカラーや柄でも
レディースコーデに取り入れたりすることが多くなってきました。しかし、大人っぽく見せたい場合は
出来るだけメンズに対してピンクなど性別的に違和感が湧きやすい色を避けた方が無難だといえます。
もちろん一般的な日常でのコーデならばメンズに対してピンクも十分実用的ですよ。

Tシャツの柄やデザインも大人っぽさに関係しています。
例えば迷彩模様のTシャツなど動的なイメージが湧きやすいものだと少し若々しいイメージを持たれやすくなります、
加えてメンズの場合はハートマークなど女性的な要素が多用されているもの、そして女性の場合はインパクトが効き過ぎる
プリントのものなどが大人っぽさの落ち着きに結びつかない傾向にあります。
また、キャラクター物なども若さを感じてしまいやすいアイテムの1つです。

では大人っぽく見えやすいデザインやプリントはどういったものなのか、というと、
まずブランドTシャツに含まれているような品格や上品さ、そして着る場所の風土に馴染んでいるデザインやプリントであることが
挙げられます。
特に後者の着る場所の風土というのは、日本で着るならば日本の和やジャポニズム的な要素を含んだデザインが
大人の落ち着きの演出に繋がるということです。要するに出来るだけ海外性を出さないということが重要です。
何故海外性やそれを含めた文化のデザインは宜しくないのかというと、
それらのアイテムは陽気さや外部の風土を取り入れてしまう関係で大人っぽさを表現する要素を出すのが難しいから、というのが理由になります。
また、述べたようにそれにともなう品格や上品さも必要になるのでデザインを良く吟味して
コーデに取りれましょう。

まとめると、大人っぽさを演出するためには、動的なイメージや海外的な要素を出来るだけ無くすことが大事ということに
なります。紹介したことを参考にして自身のコーデに役立て頂ければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です