若く見えやすいTシャツの選び方を紹介します

Tシャツをコーデに取り入れたら年齢が高めに見えてしまったという経験はないでしょうか。
実はTシャツのカラーリングやデザインは年齢のイメージにも関係してくるんです、
今回はそういったコツを踏まえた若く見えやすいTシャツの選び方を紹介していきます。

若く見えるにはやはり活発さや陽気な印象を出すことが求められます。
また特有のカジュアルさもそれらの印象を強くするために必要になるでしょう。
しかし、それに伴って起きてしまいやすいのが若者系ファッション特有のだらしのなさです。
このだらしのなさはティーンのファッションでは、脱力系やストリートスタイル、音楽的なヒップホップやパンクスタイルに
用いられるなど、若さやそれに見あった年齢であればファッションの要素として魅力的になりますが
それ以外の場合ではミスマッチな印象になりやすいです。

こうしたことを踏まえると、若く見えやすいファッションにはある程度の落ち着きがある要素は外せないといえます。
そこでカラーリングを選ぶ際は暗い茶色などは避けつつベージュ、薄ピンク、薄緑など柔らかくも個性を発揮できる色合いが良いでしょう。
白色、黒色は全世代で扱う色ですがその分、年齢相応の雰囲気がストレートに出てきます、そのため若く見えるようにしたい場合は
白黒以外から選んだほうが望ましいです。
またTシャツのデザイン、プリントにおいてはそのデザインのモチーフや意味も若く見える要素に関わってきます。
キャラクター物は可愛らしさや元気さのあるティーンでこそ輝くアイテムといえます、
そのため若く見えやすいからといって30~40代程の方が着ると雰囲気のミスマッチを招いてしまう要因になりますので気をつけましょう。
オススメなのはサブカルチャーやエキゾチック的な要素を感じるデザインやプリントのアイテムの物です、
理由としては文化的な要素を含むデザインは連想できる風景や身近な事柄とイメージでしやすいなど情報量が多いからです
、このような性質のため大人としての深さもある一方で諸外国のカルチャーによる陽気さも感じられるという特徴を持っています。
こうした各国々の文化をデザインとしたアイテムはブランドショップやセレクトショップで手に入りやすいので
一度各ショップを覗いてみては如何でしょうか、日本のブランドもそうであると言えますが、世界中で展開していないブランドこそ
独特の地域文化を題材としたデザインをしている傾向があります。

また、その他に考えたいこととしては体格の関係の問題があります。
レディースはどちらかというと成長によるスタイルの変化が少ないので
体の露出部分を調節するだけで若く見えたりしますが、メンズの場合は体つき、特に二の腕、肩幅の大きさなど
男性的な特徴が年齢を重ねるごとに増えていきます。
そのため、若く見せるにはこうした性別的な体格の特徴をマイルドに抑えるようなTシャツ選びが必要になるでしょう。
この場合の身体的特徴を抑えるためにはロングTシャツやフィット感のあるTシャツをチョイスすること、
そうすることによりボディラインも強調され若々しい印象に繋がります。

加えてコーデをする際にはどのくらいの若さに見られたいのか年齢設定をしておくことが大事です。
30代だけど若く見られたいというのと30代だけど20代辺りに見られたいというのでは、そこに必要な要素やアイテムの
わかりやすさが違ってきます。しっかり目標年齢を意識していれば、見られたい年代のコーデを自身の年齢に応用することも
行いやすくなるでしょう。

以上が若く見えやすいTシャツの選び方のポイントとなります、やはりミスマッチしないように年齢に
沿った要素を取りれつつ、若さを感じやすい要素を含めることが重要になります。
自分の好みがない場合は、オリジナルTシャツ 作成してもよいかもしれません。
紹介したことを踏まえて若く見えるコーデを是非行ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です