Tシャツが伸びる原因とその対処法を紹介します

何回かしか着ていないのにTシャツが伸びてしまった、ということを経験したことはないでしょうか。
特にU字ネックTシャツはよれてしまいやすく、着た際の外見にも影響してしまうんです。
今回はそうしたTシャツが伸びる原因とその対処法を紹介します。

・Tシャツが伸びる原因について

Tシャツが伸びてしまう原因の一番の理由は洗い方によるものです。
洗う際の水分や洗い物同士の絡み合いでTシャツに負荷がかかり
結果として衣類の繊維がよれたり伸びてしまったりということが起きてしまうんです。
また、その後の工程の干し方もハンガーで行うとTシャツの首周りに負荷がかかることになってしまい、
こちらも伸びる原因に繋がります。
他にも生地に伸びる伸びないの差があり、天然素材の生地のアイテムは特に
こうした洗い方や干し方の負荷に弱いのでその性質が伸びてしまう現象にも関係しています。
ちなみにポリエステルなど人工繊維のものは作りがしっかりしている関係でよれや伸びができにくい
のでそちらの素材の衣類を利用するのも手です。

こうしたTシャツのよれや伸びは着用した際に
主にU字ネックの部分に表れ、コーデの見映えにも影響してしまいます。
特に夏の季節はどうしても軽装になってしまいがちなので目につくことも多いですし、
また、ネックレスなどのアクセサリー類を身に着けている人は視線が首元に集中しやすいので
同様にTシャツの伸びやよれが目に入りやすいです。

このように些細な事ですが場合によってはTシャツ、加えて衣類を着ることを躊躇う原因にまで発展する
現象だと言えます。
せっかくお気に入りのTシャツを買ったのに伸びて恥ずかしくて着れないということは避けたいですよね、
そのため下記の対処法を参考にして予防してみることをオススメします。

・Tシャツが伸びる原因の対処法について

Tシャツが伸びる原因の対処法として挙げられるのが、まずはTシャツを洗う際に洗濯ネットを使うこと。
これにより他の衣類や洗濯機の回転でTシャツに負担がかかることが少なくなります。
また輪ゴムでTシャツの首周りをまとめて止めたりしても首部分のよれを防止できます。
以上のことから如何にTシャツにダメージを与えないかが洗い方の鍵といえるでしょう。

そして干し方ですが物干し竿を使ってしっかり固定した状態で、陰干しすること。
ハンガーを使う場合はTシャツを折りたたむようにかけて首元を下にむけることが大切です。
こうした工夫により干す際の熱やかけ方でのTシャツにかかる負荷を大幅に減らせます。

伸びてしまったTシャツは濡らした状態でアイロンをかければある程度形を整えることが出来ますが、
生地によっては上手く行かないことも多いのでやはり洗い方、干し方の予防が重要となります。

他にしやすい工夫としてはTシャツの首元の伸びやよれを切ってアレンジしたりする方法もあります。
そうすることにより肩や鎖骨のセクシーさが出しやすいアイテムになるのでレディース向けの工夫として参考にしてみてください。
ただ、手を加えるとコーデの扱い方も変わってくるため注意しましょう、切り口などの処理も着心地に関わってくるため
しっかりと切り縫いやアイロンがけをすることも大事です。

ここまでTシャツが伸びてしまう原因や対処法を紹介してきましたが、如何でしたでしょうか。
おおまかに一言でまとめるならば、洗濯でTシャツを傷めなければ伸びも防げる、ということになります。
しっかりとTシャツが伸びないように上記項目の工夫をしてストレスのない着こなしをしていきましょう。
また、紹介した事柄はTシャツのみならず、衣類、ボトムスなどのアイテムにも同様に言えることなので
洗濯時や干す際の参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です