Tシャツが縮む原因やその対処方について紹介します。

洗濯機で洗ったらTシャツが縮んで小さくなってしまっていたという現象、
良く起こりがちですよね。縮まないようにするにはどうしたら良いのか、
今回はそういったTシャツが縮む原因や対処法について紹介していきます。

・Tシャツの縮む原因について

Tシャツが縮む原因の多くは使われている繊維が洗う際に水分を吸収して
縮みやすくなった状態で乾燥機など高音で乾かしてしまうことによるものです。
特に天然物の繊維(木綿、麻、毛、絹など)は人工的なものよりも繊維自体がかなり短く
つなぎあわせられて作られているので、縮む現象による耐性が無いんです。
この現象は冬場のセーターでも起こりやすいので経験された方も多いでしょう、
ニット類も繊維の幅が狭くなって縮んでしまうんです。

こうしたTシャツが縮む現象は特にファッションでの影響力が高く、体のラインぴったりになってしまったり
重ね着した時に入らなくなるなど、困りやすい現象でもあると言えます。
特にフィット感のあるアイテムの場合は少しサイズが小さくなってしまっただけで
着心地が大幅に変わってしまうので、深刻な問題にもなりやすいです。
また、この現象はお気に入りのアイテムなのにデートに使えなくなってしまった、
せっかくオーダーメイドで作ったのに着れなくなってしまった
というような悩みにも発展します。
そのため、そうならないためにも後述する対処方法を知っておいたほうが良いでしょう。

・Tシャツの縮む原因の対処法について

対処法としてはまずは変化をしない強い生地素材を選ぶこと。
基本的にはどのTシャツでも一度水洗いや乾燥をすればある程度縮んでしまうんですが
ポリエステルなどの人工繊維を使っていて衣類の作り自体が強いものを選ぶと
こうした現象は起こりにくいです。
ただ人工繊維だとしても熱に弱い生地も多くあるので、縮まない人工素材だから他の素材のTシャツと同じ扱いをする、といったことは
控えて、しっかりタグなどの説明文を読んで正しい洗濯をしてください。
ナイロンなどがこの熱に弱い繊維として挙げられます。

近年では水洗いを一度して縮んだ処理がしてあるTシャツも多く販売しているので
衣類を購入する際はチェックしてみてはいかがでしょうか。

洗い方の面での工夫は、ぬるま湯を使いあまりTシャツを動かさないこと。
衣服同士を絡ませたりしないことも重要です。
この場合は手洗いをしたり洗濯ネットを使って衣類の衝突を防ぐことをすれば問題ありません。
また乾燥の仕方もTシャツの縮みに関係するので
高温で乾燥させるような機器の仕様は避けて陰干しをしておくと縮み予防にもなりますよ。
もしオリジナルTシャツなどずっと着ていたい衣類がある場合はクリーニング業者に相談してみるのが確実な対策といえます。

縮む現象は衣類を引っ張りながらアイロンをかければ治る、コンディショナーなどに含まれているジメチコンが効果的
といった話も良く聞きます。
ですが、こうした対処法は独学で行うと衣類を傷めること、思わぬ事故の原因にもなったりします。
特に洗剤や薬剤の組み合わせによっては衣類のプリントを溶かしてしまったり、有毒な物質が出来てしまう事例もあるので
なるべく専門家や衣類の基本的な説明に含まれていないことは避けましょう。

以上のことを踏まえると縮まない繊維を選ぶこと、そして乾燥機を使わないで陰干しして予防、
加えて縮んでしまったらクリーニング業者に相談することが一番無難な対処法といえます。

これらの方法で洗濯を行えば縮みが改善されやすくなるので一度試してみてはいかがでしょうか。
もちろん今回はTシャツでの工夫として紹介しましたがその他トップス、ボトムスを含めた衣類やアイテムにも応用できるので
是非日常的な洗い方に取り入れることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です